読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【美容】WEBライターの徒然日記【育児】

WEBライターとして在宅で働く主婦のブログ。主に仕事の話を中心に、美容、健康、育児、ライフスタイルなど気ままに書きつづります。お仕事のご依頼はrenairi06@yahoo.co.jpまでお願いします。

映画『信長協奏曲』で信長ロスに……。作品と小栗旬の魅力を考える

f:id:renair:20160919035005j:plain

お久しぶりです。

最近はもっぱらTwitterを利用している私ですが、

自分の言葉で長文を書きたいという衝動が湧いてきたので、

今日は久しぶりにブログを執筆。

 

いま書きたいことは、映画『信長協奏曲』の感想。

あらすじとか言いませんが、

ネタバレはガンガンしますので、

まだ観ていない方はこれ以降の閲覧は

自己責任でお願いします。

 

俳優『小栗旬』の魅力

f:id:renair:20160919035026j:plain

 

最初は思っていましたよ。

小栗旬が高校生役とか無理あるでしょ」とか

一人二役ってちゃんと演じ分けられるの?」とか。

 

無駄な心配でした。

ドラマの時点でこの辺の疑問は解消されていたのですが、

映画(DVDですが)ではさらに驚くほど見事に

二役を演じ分けていました。

 

太陽のような信長(サブロー)

f:id:renair:20160919035051j:plain

月のようなミッチー(明智光秀・本物の信長)

f:id:renair:20160919035104j:plain

両者が対話するシーンであっても、

こんなにも別人に見えるものかと感動するほどです。

 

やさしく明るく頼りないところもあるけれど

人を惹きつけるカリスマ性にあふれる信長。

 

冷静沈着、だけど心のなかではサブローへの嫉妬に

苦しみ、信長という存在に誰よりも憧れていたミッチー。

 

表情や仕草、話し方など細やかな部分まで二人は

全く違っていて、同じ顔であっても違う顔にみえる。

 

これは演技力だけの問題じゃないと思う。

もちろん演技力や衣装、メイクの影響は強いんだろうけど、

小栗旬だからこそ、ここまで両者を演じ分けることが

できたのではないでしょうか。

 

物腰の柔らかい俳優や若すぎる俳優では

信長の貫禄が出せないだろうし、

演技力がいかにあってもあの王者のような存在感は

簡単に出せるものではない気がする。

 

それでいて、ミッチーのような

静かに繊細な感情を表現する役もこなさなきゃいけない。

 

主役としての華やかさと圧倒的な存在感。

脇役として主張を抑えつつ、

主役を光らせることのできる高い演技力。

 

どちらも持っている俳優さんって少ないと思うんです。

この世代でここまで見事にできるのは

小栗旬くらいじゃないかなあ。

 

瑛太綾野剛ではあの王者っぷりは出せないだろうし。

共演した山田孝之の演技力は素晴らしいのだけど、

つい応援したくなるサブローの持ち味は、

山田じゃ難しそうな気が。

何より身長が足りないw

 

決して小栗旬のファンじゃないし、

顔だって私の思い描くイケメンとは違うのだけど、

この作品の小栗旬は本当にカッコイイ。

 

f:id:renair:20160919035153j:plain

 

「何でいきなり戦国時代で先陣を切れるほどの

剣豪になってるんだよ」とか無粋なツッコミは置いといて、

ただひたすらにカッコイイ。

顔とかじゃなく、あのカッコよさを出せるのも

小栗旬だからこそだと思う。

 

山田孝之のヒールっぷりも見もの

f:id:renair:20160919035213p:plain

 

『勇者ヨシヒコ』シリーズやCMなど、

イロモノキャラのイメージも強い山田ですが、

この映画のMVPは何といっても彼の演技でしょう。

 

かつて、何の意味もなく村に火を放ち、

大切なものを奪った信長への恨み。

その執念を糧に天下統一を果たした羽柴秀吉

凄まじい演技で見せつけました。

 

「信長の大切なものはすべて奪う」と断言していた

秀吉でしたが、サブローが未来に戻ってからも

帰蝶をはじめ皆が生きている様子であったことから、

サブローの思いが通じた様子でした。

 

復讐の鬼と化していた秀吉でしたが、

その救いとなったのもまた、サブローだったのでしょう。

 

自らの命を賭して伝えた

「平和な世の中をつくる」という信長の思い。

それを受け取って未来へつなげた秀吉の男気。

 

この辺りは見えないながらに、

平和そうに暮らす帰蝶から

感じさせてもらうことができました。

 

サブローの念願がかなったことへの達成感も、

山田の演技が素晴らしかったからこそ

増幅されているんですよね。

ヒール役の演技力って本当に大事です。

 

帰蝶と恒ちゃんがくれる安らぎ

f:id:renair:20160919035229j:plain

 

帰蝶のツンデレっぷりはかわいいですよね。

原作は違うテイストのキャラのようですが、

柴咲コウにはこのキャラがぴったりです。

 

戦いに疲れ、絶望するときも、

帰蝶がいるから頑張れる信長。

理想の夫婦ですよね。

この辺りを描くにも若手俳優じゃ無理。

 

f:id:renair:20160919035243j:plain

 

恒ちゃんこと池田恒興を演じる向井理

いい味出していましたねー。

 

向井理は正直言って嫌いなのですが、

この恒ちゃんだけは好きです。

信長の良き理解者である恒ちゃんなしでは

サブローは信長になれなかったように思います。

 

この作品はハマリ役な演者さんが多かったですね。

配役も成功の理由だと思います。

 

ただ、市だけは気になりますね。

水原希子、なんか違います。。。

 

そんなこんなで遅ればせながら信長ロスな私。

これを書いてちょっとスッキリしましたー!

ではまた!

 

 

 

営業、勉強、交流もできる!ライターが今すぐ「Twitter」を使うべき理由とは?

ずいぶんブログをお休みしてしまいました。

今回は久しぶりのブログなので、現状報告というか、

Twitterのお話を。

 

最近は時間がないこともあって

Twitterに力を入れていました。

 

Twitterはライターの効果的な営業ツール

 

今更ですが、Twitterって面白い。

ライターにとってはなかなかの営業ツールになります。

 

毎日つぶやくだけで

「今日も営業してますよー」という報告になるし、

「自分はこういう仕事がほしいです」という

アピールの場にもなる。

 

仕事への考え方、向き合い方を伝えられるというのは、

なかなか大きなメリットでもあって、

その意思に理解を示してくれるフォロワーさんから

コメントをいただけることもあるのが嬉しい。

 

ツイートから話が展開していくと

そこでのやり取りも公開されるので、

そのやり取りを見たお相手のフォロワーさんから

フォローをいただけることも。

この場合は、ツイートの拡散も広がるので、

より多くの方に自分を知ってもらえるチャンスにもなります。

 

さらに、Twitterは情報収集・提供の場になるだけでなく、

お仕事のご相談をいただけることもあります。

交渉次第では実際の仕事につながる可能性も。

 

つまり、ライターにとってTwitterは、

使い方次第でかなり頼もしい営業ツールになるんです。

 

SNSでの営業については、ペンヤさんで

書かせていただいております。

penya.jp

 

Twitterにはテクニックと真心が必要かも?

 

私は正直、だらだらと文章を書くのは好きではなくて、

限られた文字数で言葉にこだわるのが好きなタイプ。

歌詞や俳句、川柳などに心が惹かれる方なのです。

そんな私にとって、Twitterは結構興味深い。

 

たくさんのツイートが流れていくなか、

人の心をつかむには、それなりにテクニックも必要。

 

効果的な言葉の使い方、短文でも説得力のある内容など、

限られた文字数のなかで、

人の心に響く文章を作ることが重要になります。

 

ただ思ったことをつぶやいただけではダメ。

一言ひとことにテクニックと情報を

詰め込むことが大事です。

 

例えば、同じ状況でも表現にこだわるだけで

こんなに変わります。

 

「雨すごい降ってる、もっと激しくなりそう」

「窓に打ち付ける雨の音が激しすぎる。これは嵐の予感」

 

状況が想像しやすい文章にすると、共感につながります。

一方的な表現でなく、フォロワーさんが理解しやすい表現を

選ぶのがいいのではないでしょうか。

 

Twitterの文章を考える習慣は、

ライターにとってなかなか勉強になるような気がします。

 

あとは心を込めること。

私のポリシーは「思ったことしか言わない」です。

美容系ライターは商品紹介すると宣伝臭く感じられる気が

しちゃうので、嘘はつかないようにしています。

 

自分なりの誠意はフォロワーさんに通じると信じています。

情熱を込めたツイートは、

やっぱりそれだけ反響をいただけることが多いので。

 

フォロワー数が決して多いわけではありませんが、

いつも見てくださる方、応援してくださる方が

いてくださるので、その方たちに真心を込めることが優先。

あとは、マイペースな更新で少しずつフォロワーさんが

増えてくれるといいなと思っています。

 

画像の力はやっぱり大きい!

 

なんといっても、画像は強力ですね。

インパクトのある画像を添えるだけで、

反響が大きくなったり、

コメントをもらいやすくなったりします。

 

記事でアイキャッチが重要なのと同じように、

Twitterでも画像の力は大きいと思います。

 

ただし、インパクトがあればいいというわけではありません。

 

自分のフォロワーさんの関心が高そうな画像を

チョイスすることがポイントです。

 

今はiPhoneの調子が悪いので画像はあまり上げていませんが、

私のフォロワーさんはライターさんや美容関連の方が多いので、

ライターさん向け、美容の方向けの2パターンで

考えるようにしています。

 

ただ、ライターさん向けの画像って曖昧な感じですし、

ライターさんはやっぱり言葉への感度が高いと思うんです。

だから、とにかく言葉の表現に力を入れますね。

 

美容の方向けは、使っているコスメや、

購入してきた戦利品(コスメやファッション関連)

ネイルの画像などをアップするといいかなと感じています。

もちろん、使用感や使い方、感想を添えることもお忘れなく。

 

美容系は視覚からの効果が高いので、

特に画像の力が発揮されるんじゃないでしょうか。

 

Twitterを上手に活用しよう

私の場合、Twitterは完全に仕事用アカウントです。

自分の仕事への思いやスタイルをアピールする場として

今後も活用していきたいと思っています。

私もまだまだ始めたばかり。

営業の場として、交流の場として、

Twitterを楽しみたいと思います!

 

既婚女性の理想的な働き方!? 主婦フリーライターの醍醐味とは

ライターの仕事をしていると、

この仕事は、とても流動的だなと思う。

 

記事を書くという一定作業なので、

一見ルーチンワークのようですが、

全くルーチンでない。

 

案件によって考える内容が違うのはもちろん、

働き方や生活リズムまで変わってくるのは私だけ?

 

抱えている案件によって、

量をこなさなきゃいけなかったり、

1本書くのに10時間以上かける必要があったり、

取材に行ったり電話取材をする必要があったり、

求められる働き方が全然違う。

 

ここに書ききれないくらい働き方はさまざまで、

それぞれの案件に従って柔軟に対応するのが

自分の仕事だと思ってる。

 

家族を抱える主婦だから、

自分の生活は最低限守らせてもらうけど、

フリーライターに「フリー」は少ないんじゃないかな。

 

もちろん好きなだけフリーを作ろうと思えば作れるけど、

むしろ少しでも自由があると不安になる。

「働かなきゃ!」って思っちゃう貧乏症。

 

だから、クライアントさんの要望に極力沿って、

継続的に依頼したいと思われるライターを目指している。

 

仕事のリズムに流されまくりながら、

家族の生活をサポートして、

自分を保つって本当に大変。

 

でも、それをこなしている瞬間はとても心地よい。

フリーの特権を生かして、家庭と仕事を両立させつつ、

自分の美容時間をたっぷり確保できた日は、

たまらなく嬉しくなる。

 

家庭と仕事、そして自分らしさをキープする。

これが、主婦フリーライターの醍醐味なのかもしれない。

 

 

ランサーズの高額案件だけに提案してみた、その結果とは!?

お久しぶりです!

長らく更新できず、申し訳ございませんでした!

 

更新できなかった理由は、仕事に追われていたためです。

以前にお伝えしていたランサーズへの登録をはじめとした

営業活動が実を結び、急激に仕事量が増えてしまいまして。

 

renair.hatenablog.com

 

この記事でも低価格案件はいやだと言っていましたように、

結局ランサーズのなかでは多分高額案件とされるであろう

ものにしか応募しませんでした。

 

提案して交渉して… …って作業だけでも大変なのに、

普段の単価よりも劇的に低いのは、やっぱり無理!という訳です。

 

そして、ありがたいことに、

いくつかご採用いただくことができました♡

このときは、すごく嬉しかったですー♪

 

そのうち、一つの案件はありがたいことに長期連載!

週5日勤務、記事単価も高額なので、

しばらくは営業活動する必要はなさそうです。

 

もちろん、これまでお世話になっている方と

継続的にお仕事いただくとための活動は惜しみなく続けますよ。

 

自分にとって、低価格案件に手を出さないというのは、

結構悩んだことでした。

 

でも、どうしても「自分を安売りしたくない!」という

思いを糧に、強気な勝負に出たことが、

結果につながったと自負しています。

 

新案件は芸能ニュース

 

今は、新案件で苦戦しつつも楽しくお仕事をしています。

芸能ニュースを取り扱っているサイトで、

これまでのお仕事とは全く異なるものですが、

新鮮で楽しいですねー。

 

ただ、人様に関するライティングなので、

情報の取り扱いや表現に、センシティブにならなきゃいけません。

でも、芸能ニュースですし、食い込んだ情報も必要なんですよね。

この辺の微妙な加減が難しいなーと思いつつも、

ミーハーに楽しんでいるところです。

 

しっかりとライター教育と管理をしてくださるところで、

私は現在、研修中の身。

フリーライターであることに変わりはないのですが、

オンライン入社したような気分ですー。

働き方も新鮮で楽しい!

 

今の目標は、こちらの記事をきちんと書けるようになること。

ご迷惑をできるだけかけずに、一人前に書けるようになりたいですね。

 

では、またー!

 

バズもPVも気になる!でも、ブログは「書きたいこと」を書きたい

曲がりなりにもWebライターとしてお仕事をいただく私。

 

執筆では、バズを狙ってタイトルや見出しを考えたり、

PV獲得のためにターゲットを定めて分かりやすい記事を

書くように努めたりしています。

 

企業のブログやコラムを書くライターとしては、

これらの意識はとても大切です。

 

でも、自分のブログではしたくない。

正確に言うと、できればバズもPV数アップも欲しいけど、

それらを狙うための記事は書きたくないんです。

 

ブロガーさんのなかには、ためになるハウツー系記事を

熱心に書かれている方も多いですが、

リサーチ量や記事のボリュームに感心することがあります。

 

多分ね、自分が関心あることだけを

書いているわけじゃないと思うんです。

たくさんの人に読まれるために、

とても努力されていることが伝わる記事をいくつも見ました。

 

私もライターとして、ブログでも

人様に伝えるための記事を書くべきなのかと思うことがあります。

ただ、滅多にしません。

 

だって、すごーく疲れるんですもん。

 

人様に伝えるためには、

読みやすさやわかりやすさ、構成、誤字脱字、リサーチなど、

配慮しなければいけないことが山盛り。

 

ブログでもそれなりには気を使いますが、

本格的に考えるとブログが疲れる原因になってしまいます。

 

良質な記事って、そんなに簡単に生まれるものじゃありません。

息抜きでもあるブログで、必死に考えるのは嫌です。

 

私にとってブログは、書きたいことを書く場所だから。

 

「読まれる記事」は、「書きたい記事」とは

違うことが多いものです。

 

読まれる記事を書くためには、

ターゲットの知りたいことを書くのが大前提。

 

私は、趣味が言葉遊びなので、

好きなことを書ける場がほしいんです。

人の知りたいことを伝えるためにブログを書くのは嫌なんです。

 

でも、自分が何気なく書いたことが、

誰かのためになったり、心に留まったりすると、

すごくうれしいです。

 

つまり、ブログの最大の目的は、

自分が書きたいことを書くこと。

伝えるために書くのは、仕事です。

 

でも、ブログの本来の姿って、こんなものじゃないかな。

ブログが営利目的でも書かれるようになった現代だから、

高品質なブログがとても多いけど。

 

ウェブ上の日記だもの、

好きなように書きたい。

 

でも、誤解のないようにこれだけはお伝えしたいです。

 

読者登録をしてくださっている方、いつも読んでくださる方には、

本当に、本当に、感謝しています。

 

ジャンルも適当で言いたいことを言い散らかしているブログを

いつもご覧いただき、心から感謝いたします。

よければ、今後も温かく見守っていただけますと幸いです。

 

ではまた!

 

 

 

 

京都のステーキハウス听(ポンド)本店、京都ダイナーで大人のランチ会♡

昨日は敬愛するエディターさんと大人のランチ会♡

会場は、ステーキハウス听(ポンド)本店です。

www.ts-corp.co.jp

 

こちらは、前々から気になっていた熟成肉の専門店。

お店の入り口にはお肉がたくさんぶら下がっていて

本格的な佇まいでしたー。

 

以前、テレビでお店が紹介されていたとき、

肉食美女が「私、いつも1ポンド食べるんです♡」と

言っていたので1ポンド頼む気満々で来たものの、

ランチメニューは1/2ポンドまで。

(価格表記なしの別注はあり)

 

「半分なんて余裕でしょ?」

と思いながら1/2ポンドをオーダーすると、これ。

 

f:id:renair:20160609101440j:plain

 

でかい。

 

切ってみるとこれ。

 

f:id:renair:20160609101628j:plain

 

うまい。

 

柔らかいお肉がこのボリュームで2980円ならお安いかと。

もちろん、サラダやスープ、パン(ライス)もついて。

 

でもね、パンは一口も食べられませんでした。

だってワインをたくさんいただいたので(笑)

 

パンがなくてもお腹いっぱいになれるボリュームなので、

普通の胃袋の方は1ポンドを頼むと後悔するかもしれません。

よーく考えてご注文を。

 

ちなみに、スパークリングワインはなみなみまで

ついでもらえるサービスがあるのでオススメです♡

 

おいしいお肉とワインで話は弾みます。

仕事の方向性やライターとしての身の振り方、

稼ぎ方、愛用コスメなど、話は尽きません。

 

美容に強いエディターさんなので、コスメの話は

やっぱり楽しい♡

あのコスメはどーだ、このコスメはこーだと

話し合える時間って大好き。

 

ライターとして、美容マニアとして楽しく、

そして勉強になる話題が満載な時間でした。

 

さてさて、飲み足りない私たちは、

てくてく歩いて京都ダイナーさんへ。

 

京都ダイナー

 

先輩オススメのお店で、とってもいい雰囲気。

メニューはワインがずらりと並んでいて、

私にはさっぱりわからないので、

樽生ワインとやらをご注文いただきました。赤で。

 

f:id:renair:20160609102154j:plain

 

手前のワインに漬け込んだ?チーズがおいしかったです♪

奥のゴルゴンゾーラは私には難しいお味でした(笑)

 

でもワインはやっぱりおいしい!

難しことはわからないけど、とっても飲みやすいお味でした。

 

そんなこんなで楽しい時間はあっという間に過ぎ、夕方に。

お仕事の話や抱えている案件の方向性も相談でき、

今後につながることがたくさんありました。

 

しかも、ちょうどランサーズの強気で挑んだ高額案件が

2つも良いお返事をいただけて、景気の良い1日でした。

 

先輩は、きっと女神。

私にとっては、美しい幸せの女神なんです。

 

ライター人生をいつも良いものに導いてくれる

大好きな先輩と過ごせた最高の時間に酔いしれながら、

夜中は締め切りを勘違いしていたために、執筆に追われましたとさ。

 

ではー。

「THREE」のネイルポリッシュが、シャネルのヴェルニより断然いいと思う理由

前から気になっていたTHREEのネイルポリッシュ。

とうとうお買い上げしちゃいました♡

 

f:id:renair:20160607020451j:plain

 

ベージュが32、レッドが43です。

カラー展開が豊富で、ベージュと一口にいっても

その種類はさまざま。

それぞれ、スキニーベージュ、ファインレッドと

呼ばれるカラーだそうです。

 

おしゃれ心をくすぐる絶妙なカラーがたまらない

 

ベージュは、ほんのちょっとの色味の違いで、

清楚にもクールにもナチュラルにもなる奥深いカラー。

 

今回は、クールなベージュが欲しくてTHREEをロックオン。

肌なじみが良く、暗めで赤みのないベージュを求めていたら

32番に出会うことができました。

 

肌の色にフィットするので、指が長く見えるような気がします。

TPOを問わないカラーだからオフィスでも問題なく使えそうですよ。

 

レッドの方は、セクシーにならない色味にこだわって、

明るめでピンク寄りのカラーをチョイス。

 

カジュアル感があって使いやすいうえ、

女子力が高まる鮮やかカラーで、見るたびキュンとなります♡

といっても、現状ではまだ足への使用のみ。

でもすごくかわいいお色ですよー♪

 

シャネルよりも優秀なのに価格はリーズナブル

 

THREEのネイルポリッシュは、色味もツボですが、

その品質にも惚れちゃいました。

 

雑巾掛けや食器洗い、シャンプーなど指先を使う

作業をたくさんしましたが、3日目にしてはそこまで

ハゲておらず、キレイな指先を保っています。

でも明日には限界かな。

 

高品質で定評のあるシャネルのヴェルニも持っているのですが、

正直私には魅力がわかりません。

塗りやすさや乾きやすさはそこそこ良いですが、

持ちが悪いと感じてしまいます。

 

だって、塗ったその日にハゲるんですもん。

主婦なので料理や掃除で指先を使う仕事が多いため、

持ちはとても重要なポイント。

どんなにいいお色だって、ハゲてしまっては台無しです。

 

というわけで、シャネルはあまり使わなくなってしまいました。

高いのにねー。

まあ、お仕事で必要だったのものなので割り切ります。

 

しかも、THREEは爪への優しさも考えて作られているそうです。

これはオフしなきゃわからないので、明日が楽しみ。

 

個人的には、約1000円お得なのにメリット満載のTHREEに

軍配が上がりました。

また違う色も探してみたいな。

 

ではー。